アンテナ工事をするなら屋根裏に設置にするのもひとつの手段

災害対策を兼ねたアンテナ工事

設置したアンテナが地震などの災害で破損したりしないように対処するには、設置場所を工夫してアンテナにトラブルが発生しないようにしましょう。こうした対応を行なっておけば住宅の外観や災害対策を向上させることが可能です。

屋根以外のアンテナ設置場所

  • 壁側
  • ベランダ
  • 破風

屋根裏への取り付けがおすすめ

屋根裏が選ばれる理由
屋根裏にアンテナを設置しておけば風雨の影響を受けなくし、経年劣化による破損が発生するのを防ぐことが可能です。また住宅の屋根に設備を設置する必要がないため、施工によって住宅の屋根が傷つくことも予防できます。
設置に適したアンテナ
屋根裏は屋根に比べてスペースが限られているため、アンテナを取り付ける際はデザインアンテナなどの薄くて大きさの小さいアンテナを使用するのが最適です。屋根なら経年劣化を解消して長期間設備を長持ちさせることができます。
注意点
屋根裏にアンテナを設置する際は十分なスペースを確保し、きちんと電波が受信できる状態を作らなければなりません。物置のようにいろいろなものを屋根裏に格納していると、アンテナが設置できなくなる可能性が高いです。

事前調査をしっかり行ないましょう。

屋根裏にアンテナ工事を実施する際は事前調査を行ない、十分な高さの電波が受信できるかどうかを調べておく必要があります。電波の受信状況をよく確認せずに取り付け工事を行なってしまうと、きれいな状態でテレビ番組を視聴することができなくなる可能性が高いです。 これから屋根裏にアンテナを取り付けようと考えている方は、業者に事前調査を実施してもらいましょう。無料調査が可能な業者に依頼を行なえば、誰でも気軽に調査を申し込むことが可能です。

TOPボタン