高い技術力を持つ業者にアンテナ工事を依頼しましょう

アンテナ修理工事の流れを知る

作業服の男性

アンテナ工事業者に修理を依頼する際は、どういった流れでアンテナを修理するのかを知っておく必要があります。まずは修理業者の取り扱っている修理方法を確認しておき、作業の手順をきちんと把握しておきましょう。

アンテナ工事の流れ

アンテナの撤去・組立作業

古いアンテナが屋根に設置してある場合はまず撤去を行ない、新しいアンテナの組み立て作業を地上で行ないます。

アンテナの設置

アンテナを屋根へと固定する役割を持つ屋根馬の設置場所を決め、マストの上にアンテナを立てて仮止めを行ないます。

アンテナの仮固定・配線処理

ばれる針金をチェックし、劣化していた場合は交換をしてアンテナの垂直方向を仮固定します。

受信状態の確認・最終調整

仮固定した後はレベルチェッカーを使って微調整を行ない、ステーをしっかり張ってアンテナの歪みを防止すれば作業は完了です。

アンテナ工事はプロに依頼しましょう

テレビアンテナを設置する作業は専門的な知識と高い技術力が必要になるため、設置作業をきちんと完了できる自信が無い方は専門業者に依頼を行なうのが最適です。無理に自分の力だけで設置作業を進めていくとアンテナを破損させたり、事故などが発生して怪我をしたりする可能性が高くなってしまいます。

施工実績があるところが◯

高い施工技術を持った業者に作業を任せておけば、事故やトラブルが発生してアンテナ設置に支障が出ることはありません。なるべくスムーズに設置作業を完了させておきたい場合は、多くの作業実績を持つ業者にアンテナの取り付け作業を依頼しておきましょう。業者のホームページを事前に確認しておけば、実績数や作業技術を簡単に確認することができます。

TOPボタン