専門業者に修理を申し込む


アンテナが破損したら早急に工事を依頼する

アンテナに破損などのトラブルが発生してしまうと、住宅の中でテレビ鑑賞が行なえなくなってしまいます。こうしたトラブルが発生した場合は業者の方に修理工事を実施してもらい、アンテナを元の状態へと直しておかなければなりません。

主な破損の種類

経年劣化による破損
アンテナがきちんと機能を発揮できる期間は10年とされており、設置年数が10年を経過した場合は一度メンテナンスを実施する必要があります。そのまま使用していると経年劣化で錆などが発生してしまい、折れや破損などのトラブルが発生する可能性が高いです。メンテナンスは業者の方に依頼することで実施することができます。
台風による破損
住宅に設置してあるアンテナはデリケートな作りになっているため、台風などの強い風を受けると設備が破損したり倒れてしまうことがあります。ケーブルやアンテナが破損してしまった場合は、業者の方に修理を依頼しなければなりません。台風が接近してくる際はきちんと台風対策を行ない、アンテナ設備が壊れないように対処しましょう。
地震による破損
地震が発生するとアンテナの位置がずれて電波が受信できなくなったり、アンテナが破損してしまう可能性が高いです。地震によってアンテナに悪影響が生じるのを防ぎたい場合は、屋根裏にアンテナを設置してもらいましょう。こうした対応を行なっておけばアンテナへの影響を防ぎ、修理や調整などの手間が発生するのを回避することができます。

アンテナの状態を確認する

アンテナ修理

アンテナの破損や受信状況の悪化を防ぐには、定期的にアンテナの状態をチェックしなければなりません。きちんと設備の状態を確認するためにも、点検を行なう際は設備のチェックポイントをきちんと把握しておきましょう。

点検時のチェックポイント

  • アンテナの倒壊・落下
  • アンテナの向きがずれている
  • 分配器といった周辺機器への損傷
  • テレビが複数台ある場合は各テレビの映りを確認する

テレビ自体が破損している場合もある

自宅でテレビを鑑賞していると、画面上にノイズが発生してしまうことがあります。この症状はテレビが壊れかけているサインであり、こうした症状が発生した場合はすぐにテレビを業者の方に見てもらうのが最適です。液晶テレビが故障してしまう原因の多くは液晶パネルの破損であり、バックライトが壊れてしまうと突然テレビの画面が真っ暗になってしまいます。業者に修理を依頼しておけば破損したバックライトを交換し、テレビの故障を直すことが可能です。

アンテナ破損による二次災害の恐れ

台風や地震などの災害が発生すると、アンテナだけでなく住宅の屋根にもダメージが発生してしまうことがあります。そのままアンテナだけを修理してしまうと屋根の損傷が悪化し、雨漏りや天井が崩れるなどの被害に発展する可能性が高いです。災害が発生した後は一度住宅の屋根を全体的にチェックしておき、アンテナ以外の場所に破損が生じていないかをよく調べておきましょう。業者の方に点検を依頼しておけば、自分で屋根の状態をチェックする必要はありません。

TOPボタン